バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の仙台は14日、富山市総合体育館であった1部残留プレーオフ1回戦(2試合制)で富山に13日の初戦に続いて敗れ、来季の2部(B2)降格が決まった。秋田も秋田市・CNAアリーナ★あきたで横浜に接戦の末に敗れて降格が決定。来季はB1から東北勢が姿を消すことになった。

 リーグ最下位(18位)の仙台は15位の富山に第1クオーターこそ16-16の同点と食い下がったが、その後は高さとスピードに勝る相手に引き離され、68-82で完敗した。

 16位の秋田は2戦目で17位の横浜に65-64で競り勝って1勝1敗のタイとしたが、前後半各5分の3試合目で16-17と力尽き...    
<記事全文を読む>