プロバスケットボールBリーグのチャンピオンシップは十四日、二戦先勝方式の準々決勝第二戦があった。シーホース三河(刈谷市)は前日に続いて勝ち、準決勝進出を決めた。三遠ネオフェニックス(豊橋市)は敗れ、四強入りはならなかった。

 十三日に先勝した三河は、ホームのウィングアリーナ刈谷(刈谷市)で、琉球ゴールデンキングスと対戦。同会場の歴代最高観客数となる三千二十七人が詰め掛ける中、琉球を81-75で下した。

 序盤は琉球に押されたが、第二クオーター終盤に三河が金丸晃輔選手(28)の三点シュートで逆転すると、会場の盛り上がりは最高潮に。38-34で前半を折り返した。後半は三河が主導権を握り、一度も...    
<記事全文を読む>