バスケットボール男子Bリーグの1部残留を争うプレーオフ(PO)1回戦(2戦先勝方式)第2戦は14日、富山市総合体育館などで行われ、レギュラーシーズン15位の富山グラウジーズは同18位の仙台89ERSに82-68で勝利し、2連勝でPO2回戦に進んだ。この日勝ち上がった同17位の横浜と19日に東京・国立代々木競技場第二体育館で残留を懸けた一発勝負に臨む。

  富山は序盤からガードの水戸、岡田らのシュートが決まった。仙台も厳しい守備で追いすがったが、第2クオーター終了間際には岡田とヴァイニーの連続得点で37-32と引き離し、折り返した。

 後半は富山が完全に主導権を握った。第3クオーターでヴァイ...    
<記事全文を読む>