バスケットボールBリーグの初代王者を決めるチャンピオンシップ(CS)は14日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)などで準々決勝第2戦を行い、東地区1位の栃木ブレックスは77-70で同3位でワイルドカードの千葉に逆転勝ちし、2連勝で準決勝進出を決めた。

 ブレックスは前半に最大22点のビハインドを背負ったが、後半に驚異的な追い上げを見せ、第4クオーター1分についに逆転に成功。その後の千葉の反撃を堅い守りでしのぎ切った。

...    
<記事全文を読む>