開幕1季目のバスケットボール男子Bリーグ2部プレーオフで、来季の1部昇格を決めた。展開の速いプレーで決勝に駒を進め、「選手がチームのコンセプトをよく理解してやってくれた」と頬を緩めた。

 大阪府羽曳野市出身。輝かしい実績を持つ。羽曳野高、日本体育大でプレーし、松下電器では旧日本リーグ制覇に貢献。大阪エヴェッサのヘッドコーチとしては、旧bjリーグ初年度の2005年度から3連覇した。

 10年、芦屋大に移り、初めて学生を指導したのが転機になった。競技に詳しくない選手への教え方、掛ける言葉に腐心し、コーチとしての幅を広げた。

 上下関係が色濃くなるのを嫌い、「先生」と呼ばせなかった。「選手はロボッ...    
<記事全文を読む>