バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズは13日、富山市総合体育館でB1残留を懸けたプレーオフ(PO)1回戦の第1戦に臨み、仙台89ERSに87-79で先勝した。富山は14日の第2戦に勝てば、19日に国立代々木競技場第二体育館で行われる2回戦に進む。

 富山は序盤から精度の高いシュートでペースをつかんだ。第1クオーターはウィラードがダンクやリバウンドで富山に勢いをもたらした。同点で迎えた第2クオーターはヴァイニーが内外から連続得点を決めるなど12得点。43-36で前半を折り返した。

 後半も富山のリズムは崩れなかった。宇都は第3クオーターだけで11得点を挙げ、内で体を張って7リバ...    
<記事全文を読む>