2016~17年シーズン、バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズのホーム戦は計30試合が行われた。1試合平均の観客動員数は1572人。2部では熊本、広島、青森に続き4番目に多かったが、経営安定のため目標に掲げた2千人には届かなかった。今季はBリーグ開幕で注目度が高いという追い風もあったが、来季はさらなるファン層の掘り起こしが不可欠だ。地域のサポート 1試合平均の観客数は前季比で1.9%減った。ただ、ホーム戦が20試合から30試合に増えており、固定ファンを確実につかんだ状況はうかがえる。チームを運営するパスラボの吉村和文社長は「なじみの顔も多く、会場には高揚感...    
<記事全文を読む>