富山は攻撃力が持ち味だ。1試合平均75.9得点はリーグ9位で、残留プレーオフ出場の4チームで最高。3月18、19両日の仙台戦は1勝1敗だったが、惜敗した1試合目は第4クオーター、ガード城宝、フォワードのヴァイニーの両得点源をけがと体調不良で欠いていた。

 攻撃の起点はアシスト王のガード宇都。ドライブからのレイアップや相手を引き付けてのパスが得意。19日の仙台戦は得点、リバウンド、アシストで2桁を記録し、リーグ初のトリプルダブルを達成した。

 ゴール下では元NBA選手のセンター、ピットマンと、リーグ2人目のトリプルダブルを記録したウィラードが存在感を発揮する。チームとして3点シュート試投数は...    
<記事全文を読む>