プロバスケットボールBリーグ1部(B1)のプレーオフ「チャンピオンシップ」(CS)準々決勝が13、14の両日、各地で行われ、リーグ戦を勝ち抜いた上位8チームが初代王座を懸けてしのぎを削る。東地区優勝の栃木ブレックスは、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)に、ワイルドカードで出場権を獲得した同3位の千葉を迎え撃つ。田臥勇太(たぶせゆうた)主将は「いよいよ始まる。全員で相手に向かっていく」とチーム一丸で難敵撃破を誓った。

 千葉は攻撃力が持ち味。特に元NBA選手で司令塔の富樫勇樹(とがしゆうき)を起点に展開する3点シュート(3P)は試投数、成功数ともにリーグ1位を誇る。波に乗った際の破...    
<記事全文を読む>