仙台の石川が第3クオーター終了のブザーと同時に、自陣の3点シュートライン手前から超ロングシュートを決めた。「打った瞬間入るとは思ったが、びっくりした」と笑みを浮かべた。

 前日に新潟のガード五十嵐がほぼ同じ距離のシュートを沈めており、「映像を見てイメージしていた」。こぼれ球を拾ったネパウエからパスを受けて放ったシュートは、ボードに当たってリングに吸い込まれた。

 レギュラーシーズン最終戦は大敗したが、「意地でもシュートを打てば入る可能性はある。残留プレーオフでも残り1秒まで気を抜けない」と気持ちを切り替えていた。

...    
<記事全文を読む>