仙台はレギュラーシーズン最終戦を白星で飾ることはできなかった。控え選手が中心の栃木に完敗。2連勝で残留プレーオフへ弾みを付けられるほど甘くなかった。

 第1クオーター、8-3から連続12失点し逆転されてからは、ずるずると引き離された。相手守備の圧力の前に、強引なドリブルや軽率なジャンプシュートが増え、パスが回らない。プレーオフに向けた収穫を見いだすのが難しい内容だった。

 栃木はチャンピオンシップを見据え、エースのロシターが休養でベンチ外。主力の出場時間を制限してくることも最初から予想された。有利な条件がそろった上に出だしでリードし、「気の緩みが出たのかもしれない」(間橋監督)。

 チームは...    
<記事全文を読む>