バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)で西地区優勝を決めている島根スサノオマジックは6日、アウェーの鹿児島アリーナで第59戦を行い、6位の鹿児島レブナイズに81-47で大勝し、7連勝で50勝(9敗)に到達した。

 1部(B1)昇格が懸かるプレーオフ初戦で島根の対戦相手となる西地区2位を巡る争いは、2位の広島ドラゴンフライズ、3位の熊本ヴォルターズとも勝ったため、決着は7日の最終戦に持ち越しとなった。

 残り1試合で、広島は45勝14敗、熊本は44勝15敗。最終戦で広島は勝てば、2位が確定しプレーオフ進出。熊本が勝ち、広島が敗れた場合、勝敗で並び、今季の対戦成績(得失点差)により熊本が2位...    
<記事全文を読む>