チャンピオンシップ(CS)進出が懸かったプロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区3位=28勝31敗)と大阪エヴェッサ(同地区2位=28勝31敗)の7日の沖縄市民体育館での第60戦。キングスはこれまでチームを支えてきた金城茂之が「魅せた」。華々しい活躍というよりも、流れが離れかけた時のワンプレーで仲間を落ち着かせ、敵が嫌がるしぶとさから味方の一発を演出する。シゲさんと親しまれ、時に「いぶし銀」と評されるベテランが、チームの命運を握る大一番で、シゲさんらしさを発揮した。

  第1Q、スタメン出場の渡辺竜之佑がファウル二つになった後に交代し、6日の第1戦で得点を重ねられ...    
<記事全文を読む>