バスケットボール男子のBリーグ1部は7日、8試合を行いレギュラーシーズンを終了した。レバンガ北海道は北海きたえーるで今季最終戦となる千葉戦を行い、74―76で惜敗した。通算成績を23勝37敗とし、東地区4位で今季を終えた。同地区3位でチャンピオンシップ出場を決めている千葉は9連勝でレギュラーシーズンを終えた。

 レバンガは第1クオーターに5点をリードし、その後に少しずつ差を詰められる展開。リードされた第4クオーターの終了間際に追い付く粘りを見せたが、最後は富樫のゴールで勝負を決められた。

...    
<記事全文を読む>