バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は7日、アオーレ長岡などで今季のリーグ最終戦を行い、新潟アルビレックスBBは横浜に83-74で快勝した。新潟はチャンピオンシップ(CS)に進まないため、27勝33敗で中地区4位のままBリーグ初年度を終えた。

 新潟はチャップマンの21得点などで前半を40-41で終えた。第3クオーター(Q)に入ると守備を引き締めたことで、攻撃へのリズムも生まれ、67-52と逆転した。最終Qはインサイドを中心に攻め、加点を続けた。

 試合後のシーズン終了セレモニーでは、今季からホームとなった長岡市出身の主将、佐藤公が「新潟アルビレックスBBのブースター(ファン)は日本...    
<記事全文を読む>