プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区3位=28勝31敗)は7日、沖縄市民体育館でチャンピオンシップ(CS)出場を懸けて大阪エヴェッサ(同地区2位=28勝31敗)と第60戦を行い、80-72で勝利した。28勝31敗同士で並んでいた両チームは、最終戦の結果、キングスが1ゲーム差で上回り2位が確定、CS進出を決めた。キングスは準々決勝で西地区1位のシーホース三河(46勝14敗)とぶつかる。

 6日に最大20点差をはねのけて、延長の末に勝利をつかんだキングス。リーグ最終戦でCSに王手が懸かった7日の大阪戦でも全選手がしぶとく力を発揮し、粘り勝ちした。

 CSはBリーグの...    
<記事全文を読む>