仙台が6戦全てで大敗していた栃木に、ようやく一矢報いた。3月31日以来の白星を挙げて連敗を10で止め、残留プレーオフへの悪い流れを断ち切った。

 右膝のけがから戻って4試合目のホワイトが復活。3点シュートは4本中3本を成功させ、今季自身最多タイの27得点を記録した。

 圧巻は2点リードで迎えた第4クオーター。ジャンプシュートを中心に11得点。ドライブで守備を引き付けてパスを出し、味方の得点も演出した。さらに守っては、速攻につながるブロックショットも披露した。

 間橋監督からは、プレーオフに向けて分析されるのを防ぐため、セットプレーを避けて自由に攻撃を組み立てるよう指示された。ホワイトは「自分...    
<記事全文を読む>