バスケットボール男子Bリーグ1部で中地区5位の富山グラウジーズは6日、愛知県の豊橋市総合体育館で同地区2位の三遠ネオフェニックスと対戦し、68-83で敗れた。通算成績は17勝42敗。B1残留プレーオフ(PO)出場回避を争っていた滋賀が同日勝利し、20勝39敗としたため、富山が残り1試合を勝っても届かず、PO出場が確定した。

 富山は前半に流れをつかんだ。第1クオーターはスタメン5人全員が得点、岡田が外から次々にシュートを決めて3点をリードした。第2クオーターはピットマンが5リバウンドを奪い、要所で相手のシュートを防ぐなどゴール下で存在感を発揮。39-34で前半を折り返した。

 後半からは三...    
<記事全文を読む>