バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は6日、水戸市の青柳公園市民体育館などで9試合が行われ、東地区最下位の岩手ビッグブルズは同地区2位の茨城に74-89で敗れ、5連敗で15勝44敗となった。茨城は31勝28敗。

 岩手は前半を33-41で折り返した。第3クオーターにSG小野寺祥太の3点シュートや、PF沢地サミュエル・ジュニアの連続得点などで食らいついたが、第4クオーターに連続9失点し、突き放された。

 中地区優勝を決めた西宮は東京EXに84-74で勝ち、43勝17敗とした。西地区を制した島根は鹿児島に81-47で快勝し、50勝目(9敗)を挙げた。

 岩手は7日、今季最終戦を迎え、同体育...    
<記事全文を読む>