バスケットボール男子のBリーグ2部は第30節第2日の6日、各地で9試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは前橋市のヤマト市民体育館前橋で群馬と対戦し、69―73で敗れ、7連敗を喫した。通算成績は26勝33敗で、7日の今季最終戦を前に順位は5位が確定した。

 山形は高橋祐二、村上駿斗(山形南高出)、佐藤正成(同)、小島佑太、ゲイリー・ハミルトンが先発。第1ピリオド(P)は佐藤や村上の3点シュートが決まり先行したものの、第2Pはわずか8得点と沈み、前半を27―36で終えた。第3Pは伊沢実孝のシュートなどで巻き返し、第4Pには高橋とセス・ターバーが速攻から連続得点を挙げ1点差まで詰め寄...    
<記事全文を読む>