バスケットボール男子のBリーグ1部は6日、9試合を行い、東地区4位のレバンガ北海道は北海きたえーるで同地区3位の千葉と対戦し、60―77で完敗した。通算成績は23勝36敗。千葉は8連勝。

 レバンガは第1クオーターに差を広げられ、前半を12点差で折り返した。第3クオーターには一時6点差にまで追い上げたが、その後は再びリードを広げられた。

 同地区最下位の仙台は地区優勝の栃木に69―64で勝ち、連敗を10で止めた。西地区のチャンピオンシップ進出争いは琉球が大阪に延長の末に88―83で勝ち、ともに28勝31敗となった。7日の同カードの勝者が地区2位で最後の1枠を得る。西地区最下位の滋賀はトップ...    
<記事全文を読む>