大敗した3日の北海道戦は多くの課題を残した。中でも試合開始直後の守りが甘かった。

 北海道に2本連続で3点シュートを打たれて外れたが、いずれもオフェンスリバウンドを奪われている。2本目では全員がボールを見てしまい、桜井にゴール下に飛び込まれた。相手選手とゴールの間に体を入れ、リバウンドを取らせないという基本的な意識が薄れていた。

 結局、一連の守りでは3回連続で3点シュートをフリーで打たれた。最初の3点シュートの場面はサイドラインのスローインから始まったが、各選手の膝は伸び切って試合の出だしとは思えないような集中力を欠いた構えだった。体は一応相手に近づけていたものの、守っているようで守って...    
<記事全文を読む>