バスケットボール男子のBリーグ2部は第29節第2日の30日、各地で8試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは青森市のマエダアリーナで青森と対戦し、54―69で敗れ、6連敗となった。通算成績は26勝32敗で、順位は4位から5位に転落した。

 山形は高橋祐二、佐藤正成(山形南高出)、佐々木瑛、小島佑太、ゲイリー・ハミルトンが先発した。第1ピリオド(P)はわずか6得点に抑えられ、前半終了時点で15点のビハインド。後半はセス・ターバーや村上駿斗(山形南高出)が得点を挙げたものの、点差を縮めることができなかった。試合を通じたフィールドゴール成功率は31・9%と低かった。ターバーが16得点、...    
<記事全文を読む>