バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は30日、各地で第29節を行った。中地区6位の信州ブレイブウォリアーズは千曲市戸倉体育館で同3位のアースフレンズ東京Zとホーム最終戦を行い、64―76で敗れた。連勝が2で止まった信州の通算成績は14勝44敗。順位は既に6位が確定している。

 第1クオーター(Q)は互いに厳しい守備で得点を伸ばせず、ほぼ互角の展開。しかし、第2Qは東京Zが内外から得点を重ねて、信州は10点をリードされた。第3Qは信州が東京Zのクリークモアを止められず失点を重ねて突き放され、大勢を決められた。

 次節はレギュラーシーズンの最終節。信州は5月6、7日に奈良市のならでんアリー...    
<記事全文を読む>