バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は30日、二戸市総合スポーツセンターなどで8試合が行われ、東地区最下位の岩手ビッグブルズは同地区覇者の群馬に59-79で敗れた。岩手は今季のホーム最終戦を落とし、4連敗で15勝43敗となった。群馬は38勝20敗。

 岩手は第1クオーター、SG小寺裕介の3点シュートなどでリードを奪ったが、第2クオーターに連続8失点で逆転され、25-30で前半を折り返した。第3クオーターに再び小寺の3点シュートから流れをつかみかけたが、引き離された。

 中地区は首位の西宮が2位FE名古屋に59-83で敗れて41勝17敗となった。FE名古屋は40勝18敗。西地区の2位争...    
<記事全文を読む>