仙台が前半に大量20点のリードを許し、一度も追い付けないまま敗れた。bj時代を含めチーム史上初めて、レギュラーシーズンのリーグ最下位が決定。残留プレーオフ1回戦のホーム開催もなくなった。

 出だしでつまずいた。試合開始から約7分間無得点。素早く体を寄せてくるA東京の守備に対し、マークのずれをつくれず苦しい体勢のシュートを打たされた。その間、相手には13点を挙げられ、完全に主導権を握られた。

 石川は「レギュラーシーズンの結果は最低だが、プレーオフでは順位は関係ない。(順位に)とらわれず戦っていくことが大切だ」と冷静に語った。

 チームはこの日、意地も見せた。早くも勝敗が決したかに思われた第3...    
<記事全文を読む>