プロバスケットボールの琉球ゴールデンキングス(西地区3位=26勝30敗)は30日、沖縄市体育館で京都ハンナリーズ(同地区4位=25勝31敗)と第57戦を行い、88―55で大勝した。同日、大阪エヴェッサ(同地区2位=28勝28敗)がシーホース三河(同地区1位=44勝12敗)に敗れた。2位を狙うキングスと大阪のゲーム差は1に縮まり、キングスはチャンピオンシップ(CS)への自力出場に望みをつないだ。第1クオーター(Q)から徹底した守備で相手選手に仕事をさせず、抜かれても素早いカバーで簡単には打たせなかった。リバウンドもラモント・ハミルトンらが競り勝った。攻撃は岸本隆一や津山尚大への重圧に真っ...    
<記事全文を読む>