プロバスケットボールBリーグ1部(B1)で東地区優勝へのマジックを1としていた栃木ブレックスは30日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で同地区3位の千葉と対戦し、84-90で敗れた。レギュラーシーズンのホーム最終節で連敗し、優勝は5月3日以降に持ち越しとなった。

 下野新聞社の冠ゲームとして開催され、過去最多の4058人が入場した。勝てば優勝が決まるブレックスは遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)らが3本連続でシュートを決めるなど好調なスタートを切ったが、次第に千葉の勢いに押し込まれ、前半を終えて36-49とリードを許した。

 後半も劣勢は変わらず、第4クオーター序盤には点差が20点にま...    
<記事全文を読む>