第45回中国サッカーリーグは28日、岡山県赤磐市の環太平洋大赤坂グラウンドなどで第5節5試合が行われ、松江シティFCが環太平洋FC(岡山)を5-1で下し、4勝1敗の勝ち点12で4位から3位に上げた。FW金村賢志郎が2戦連続3度目のハットトリックを達成した。

 デッツォーラ島根はSRC広島に1-2で敗れ、2勝1分け2敗の勝ち点7で5位のまま。9位の米子元気SCは三菱水島FC(岡山)に0-10で敗れ、1分け4敗の勝ち点1で9位は変わらなかった。5連勝で三菱水島とSRC広島が並び、得失点差で三菱水島が首位に立った。

 第6節は6月4日で、松江シティは松江市営陸上競技場で三菱水島と、デッツォーラは...    
<記事全文を読む>