第4回全日本ユース(U―18)フットサル大会県大会最終日は28日、小野町民体育館で準決勝、決勝を行い、湯本高が決勝で保原高を6―2で下し、初優勝した。湯本高、保原高は7月1、2の両日に岩手県で開かれる東北大会に出場する。

 大会は27、28の両日開かれ、県内高校とクラブチーム計6チームが出場。3位には郡山北工高、FC.REGA(郡山市)が入った。

...    
<記事全文を読む>