サッカーの北信越リーグ1部は28日、各地で第4節4試合を行い、福井県勢はサウルコス福井が富山新庄クラブと対戦。終盤に攻め立て6―0で大勝、開幕連勝を4に伸ばした。

 サウルコスは前半36分、FW松尾篤が先制点を決めて均衡を破った。後半27分、再び松尾の追加点でペースをつかむと、DF橋本真人の3点目を皮切りにゴールラッシュとなった。

 坂井フェニックスはリーグ首位のアルティスタ東御(長野)に0―7と大量失点を許し2連敗を喫した。

 次節は6月4日、サウルコスはおおい町総合運動公園でJAPANサッカーカレッジ(新潟)と、坂井は坂井市の丸岡スポーツランドで’09経大FC(同)とそれぞれ対戦する。...    
<記事全文を読む>