中学年代の日本一を決めるプレミアカップで2年連続3度目の頂点に立った清水エスパルスジュニアユース(JY)の横山貴之監督(44)と選手が27日、静岡市清水区のIAIスタジアム日本平で優勝を報告した。

 報告会はJリーグ1部(J1)清水エスパルスの横浜F・マリノス戦前に行った。大勢の清水サポーターの前で青島健大主将(15)は「先輩たちに続いて優勝することができた。でもここで終わりではない。トップチームの選手になり、ここで活躍することがみなさんへの恩返しになる」と将来を見据えた。

 清水JYは5日の決勝で名古屋グランパスJYを3―1で下した。前年大会から、夏の日本クラブユース選手権(U―15=1...    
<記事全文を読む>