【水原(韓国)=共同】サッカーのU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会第5日は24日、水原などで1次リーグ第2戦が行われ、D組の日本はウルグアイに0-2で敗れ、1勝1敗の勝ち点3で3位に後退した。ウルグアイは2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 日本は前半に先制点を献上。負傷したエース小川(磐田)に代わって前半途中から入った15歳の久保(FC東京ユース)を中心に攻めたが逸機が続き、終盤に2点目を失った。1次リーグ突破を懸け、27日にイタリアとの最終戦に臨む。

 同組のもう1試合はイタリアが南アフリカを2-0で下して勝ち点3とし、得失点差で2位。南アフリカは2連敗。C組では...    
<記事全文を読む>