沼津市で22日に開かれたサンフロント21懇話会総会で、村井満Jリーグチェアマンが「地域にプロスポーツクラブがあること」と題して講演した。JリーグやJクラブの「人づくり」や地域貢献の取り組みを紹介し、プロスポーツクラブの存在意義を説いた。

 本田圭佑、岡崎慎司ら長く日本代表で活躍する選手の共通点として、相手の話に真剣に耳を傾ける「傾聴力」、相手に自分の考えを伝える「主張力」を挙げ、レベル向上には「へこたれない心」を磨くことが不可欠とした。また、ドイツの強化事例を引き、育成段階での観察力、思考力、判断力、統率力の開発の重要性を訴えた。

 経営人材の養成、アジア各国リーグとの提携など近年のJリー...    
<記事全文を読む>