鈴鹿アンリミテッドFC、FC伊勢志摩の県勢2チームの今季最初の対戦があり、573人の観衆の前で鈴鹿が2―1で勝利した。

 ともに将来のJリーグ入りを目標に掲げる。頂点のJ1から数えて5部に相当する地域リーグ1部で、鈴鹿は昨年度2位、伊勢志摩は4位。今季は両チーム2試合を終えた時点で、鈴鹿が勝ち点6で暫定1位、伊勢志摩が勝ち点4で同2位につけ、首位を争っている。

 この日は前半15分のFW近藤和哉、後半4分のMF堀河俊大の2連続得点でリードした鈴鹿が伊勢志摩の反撃をかわした。伊勢志摩は後半30分に大野泰祐のシュートで1点差に迫ったがあと一歩及ばなかった。

 鈴鹿は今季2試合目のホームゲーム開催...    
<記事全文を読む>