第45回中国サッカーリーグは14日、第3節の残り4試合が行われ、松江シティFCはホームの松江市営陸上競技場で廿日市FC(広島)に1-2で今季初黒星を喫し、通算2勝1敗、勝ち点6で、首位から5位に転落した。廿日市FC(広島)は1勝2敗の勝ち点3で、8位から6位に上がった。

 浜田市のサンビレッジ浜田で行われたデッツォーラ島根と米子元気SCの「山陰ダービー」はデッツォーラが4-1で下し、通算2勝1分けで、4位から3位浮上。米子元気は開幕3連敗で、得失点差で変わらず9位。

 第4節は21日、5試合があり、松江シティは岡山市政田サッカー場で7位NTN岡山と対戦。デッツォーラはサンビレッジ浜田で2位...    
<記事全文を読む>