韓国で20日に開幕するサッカーU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場する大分トリニータのMF坂井大将(だいすけ)は11日、直前合宿に向けて出発する。10日のチーム練習後、坂井は「良い結果を持って帰ってきたい」と決意を語った。

 これまで何度も年代別の日本代表に選ばれてきた。U―20世代では主将としてアジア選手権を制し、5大会ぶりのW杯出場をつかんだ。同世代を引っ張ってきた存在は「初戦が大事。これまで積み上げてきた自分たちらしさを発揮し、自信を持って臨めるようにしたい」と士気を高めている。

 プレーする大分でリーグ戦の出場機会は少ないが、直前の岐阜戦まで3試合連続で...    
<記事全文を読む>