サッカーの第27回西日本少年大会は4~6日、大分県の大在東グラウンドなどであり、決勝で比屋根FCが判田SSS(大分)を3-1で下し、出場64チームの頂点に立った。宇栄原FCは3位トーナメントを制した。優秀選手に比屋根FCの花城琳斗、上原琉愛、仲宗根成が選ばれた。花城は10試合で計18得点を挙げた。◇次につながる内容 走り負けず球際で強さ 比屋根FCが4回目の西日本大会出場で初優勝を果たした。Jリーグ下部組織などの強豪チームも出場する中、64チームの頂点に立った。花城竜仁監督は「選手の頑張りがあって優勝でき、次につながった」とねぎらった。

 判田SSS(大分)との決勝戦では、前半終了間際に...    
<記事全文を読む>