那覇市の少年サッカークラブに所属し、転校先の神奈川県で2年半前に病気のため12歳で亡くなった栗山壮さんをしのぶ「第10回前島・島ちゃん・壮カップU-12強化大会」が3、4の両日、奥武山陸上競技場などで行われた。県内の競技力向上を目的に始まった同大会の10回の節目に、前島SCの島袋広幸監督(46)が「みんなに彼のことを忘れてほしくない」と「壮」の冠を加えることを提案。48チームが参加し、汗を流した。(運動部・我喜屋あかね) 小学4年生の時にサッカーを始め、泊SCに所属していた栗山さん。メンバー不足のため、前島SCと合同で練習や試合に出場したことがきっかけで、島袋監督と知り合った。「壮はい...    
<記事全文を読む>