フットサルの全国リーグ・Fリーグで戦うアグレミーナ浜松(浜松市)は6日、「出陣式」を同市東区の浜松アリーナで開いた。集まった地元ファン約130人に新加入選手らがお披露目され、6月に始まるリーグ戦に向けて選手、スタッフが士気を高めた。

 新体制発表では、新主将の松浦勇武選手(25)=浜松開誠館高出=が「チーム一丸となってプレーオフ進出(5位以上)を目指したい」と決意を述べた。名古屋オーシャンズから2季ぶりに復帰するFP(フィールドプレーヤー)中村友亮選手(30)=静岡学園高出=や、FP前鈍内(マエドンチ)・マティアス・エルナン選手(28)ら新戦力7人も活躍を誓った。ファンとの交流を深めるゲ...    
<記事全文を読む>