【奈井江】町体育館で、「北海道コンサドーレ札幌バドミントンチーム」の指導による、小中学生向け教室がスタートした。体育館指定管理者のNPO法人「日本一直線道まちづくり研究会」(工藤克彦理事長)が、同チームの定期教室の道内第1号として開く。主に監督が町体育館に通い、来年3月末まで週1回、子供たちに基礎などを教える。

 チームは北海道コンサドーレ札幌の運営会社「コンサドーレ」(札幌)が4月設立。チームに練習場を提供する北翔大(江別市)が、町体育館を課外活動などで利用している縁で開催が決まった。工藤理事長は「選手育成や、スポーツを通した地元住民の生きがいづくりになれば」。コンサドーレは「バドミン...    
<記事全文を読む>