日本サッカー協会は2日、韓国で開催されるU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に臨むU―20日本代表21人を発表し、15歳のFW久保(FC東京ユース)やエースFW小川航(磐田)、MF堂安(G大阪)らが選ばれた。内山篤監督(清水東高出)は「力を合わせ、頂点を目指して戦いたい。ベストのメンバーを、自信を持って選んだ」と話した。

 大会は20日に開幕。24チームが6組に分かれて1次リーグを行い、各組上位2チームと、3位のうち成績上位4チームが決勝トーナメントに進む。5大会ぶりに出場する日本はD組で21日に南アフリカ、24日にウルグアイ、27日にイタリアと対戦する。

 ■世界経験が五輪に 内...    
<記事全文を読む>