サッカーJ3の藤枝MYFCと村上開明堂は30日、藤枝と焼津市内の障害者就労支援施設や放課後等デイサービス施設計45カ所に、ホームゲームの観戦チケット約1540枚を寄贈した。

 藤枝市の放課後等デイサービス「児童デイSES藤枝きた校」で行われた贈呈式には、チームの小山淳代表や選手、村上開明堂総務人事部の田中豊部長らが出席し、施設を運営する「アース」の後藤克明社長たちに目録を手渡した。

 選手の一人でSES藤枝きた校で働いているDF西村洋平さんは「試合を見た子供たちに『頑張ってる』『かっこいい』と思ってもらえるように全力を尽くしたい」と話した。後藤社長は「試合を間近に見ることができるのはうれし...    
<記事全文を読む>