明治安田生命沼津支社(加部慎也支社長)は21日、サッカーJ3アスルクラロ沼津の選手らを招いた小学生向けサッカー教室を沼津市の愛鷹広域公園多目的競技場で開いた。県東部の小学1~6年生約140人が選手から技術を学んだ。

 児童は伊東輝悦選手ら11人の指導でダブルタッチやシザーズなどのフェイントテクニックに挑戦した。選手を交えたミニゲームも行った。選手に「取られたら取り返そう」などと声を掛けられながら、元気にボールを追い掛けた。

 富士宮市立富士根南小6年の女子児童は「選手とプレーできて楽しかった」と声を弾ませた。DF渡辺志門選手は「少しでもいい経験になればうれしい」と話した。

 明治安田生命はJ...    
<記事全文を読む>