サッカー明治安田J3第9節は20日、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場などで2試合を行い、FC琉球はSC相模原に1-1で引き分けた。琉球は2勝4分け3敗、勝ち点10。

 琉球は前半、ボールを保持して縦に切り込むもゴールを決められず、0-0で折り返す。後半は相模原の再三のセットプレーでピンチを迎えるが、GK朴一圭の好セーブなどでしのいだ。終盤にFW前田央樹の先制ゴールを決めるが、直後に追い付かれ、引き分けた。

 琉球の次戦は28日午後1時から、藤枝MYFCと藤枝総合運動公園サッカー場で戦う。

...    
<記事全文を読む>