明治安田J3は13日、各地で4試合が行われ、カターレ富山(暫定2位)は大阪市のキンチョウスタジアムでセレッソ大阪U-23(同14位)に1-1で引き分けた。通算成績は4勝3分け1敗、勝ち点を15とし、順位を3位に落とした。

 富山は前半、前線へのロングボールから好機をつくった。26分、DF國吉のクロスボールが相手DFの足に当たり、そのままゴールへと吸い込まれ、オウンゴールで先制。相手のプレシャーをサイドチェンジでうまくかわしながらボールを保持し、試合を優位に進めた。

 後半は一進一退の展開となり、球際での激しい攻防が続いた。14分には味方ゴール前での競り合いから相手にPKを与えたが、GK永井...    
<記事全文を読む>