7日、宇都宮市で行われた栃木SCのホーム戦で、栃木SC後援会ブースに「必翔神社」が登場した。後援会手作りの鳥居が立てられ、多くのサポーターが足を止めてチームの勝利を願い、手を合わせた。

 試合開始1時間前には祈願祭が行われ、さくら市押上の水神社宮司で栃木SCサポーターの永島政則さんが祈祷。厳かな雰囲気の中、上野勝弘後援会会長や栃木SCの橋本大輔社長らが玉串を奉納した。

 永島宮司は「今シーズンの優勝を願い、選手、サポーターの思いが神に届くよう心を込めて祈念させてもらった」と話していた。

...    
<記事全文を読む>