サッカー明治安田J3第6節最終日は30日、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場などで残り6試合を行い、FC琉球はブラウブリッツ秋田に1―6で大敗した。琉球は1勝2分け3敗、勝ち点5で13位。秋田は5戦負けなしの勝ち点13となり、G大阪U―23(23歳以下)に0―1で負けた福島と並び、得失点差で首位に浮上した。

 琉球は立ち上がりから先制されると、その後も連続失点を許した。0―5の後半29分にMF名倉巧が1点を返したが、直後に失点。パスはカットされ、守備はすり抜けられるなど、攻守でミスが続き、最後まで巻き返せなかった。

 琉球の次戦は5月6日午後2時から、FC東京U―23と東京の味の素フィールド...    
<記事全文を読む>