日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸は14日の第9節、大阪市のヤンマーフィールド長居でFC大阪と対戦し、1―3で敗れた。首位から3位に落ちた。

 ヴァンラーレは後半5分に先制されると、39分と42分にも相次いで失点。直後に吉川翔梧がゴールを決めたが、反撃が遅すぎた。シュート数はFC大阪の13本に対し、ヴァンラーレは吉川が放った1本だけと、攻守で精彩を欠いた。

 ラインメール青森は青森県総合運動公園陸上競技場でマルヤス岡崎と戦い、0―0で引き分けた。順位は5位。

 第10節の21日、ヴァンラーレは八戸市ダイハツスタジアムで流通経大ドラゴンズ龍ケ崎と、ラインメールは滋賀県東近江市布...    
<記事全文を読む>