湘南地域の経済人を中心に、サッカーJ2の湘南ベルマーレのホームを「Shonan BMWスタジアム平塚」(平塚市大原)から移転する動きが進んでいる。集客力強化を視野にすでに候補地も絞り込みつつある。こうした中、スタジアムの継続使用を望む市は、バックスタンドの増築を行うなど、次々と「優遇策」を打ち出している。市の熱意はベルマーレに届くのか-。

 (布施谷航) 市は昨年十月から今年四月まで、約一億三千万円をかけ、BMWスタジアムのバックスタンド中央部を改修した。四百六十二の座席を増設し、収容人数は一万五千七百三十二人になった。今年十一月には、約四億六千万円で照明をLEDに替える予定もある。担当...    
<記事全文を読む>